コメント

順不同 私の大好きなマドンナやホイットニーの懐かしい曲がいっぱい!!音も凝っていて、歌って踊って恋したくなる映画です。エイティーズの音楽最高♪あの日の青春がよみがえるかもよ!鬼奴さん【芸人】 恋愛って最高!シンギング♪ダンシング♪ &レッツ ラビング。こんなハッピーなラブミュージカルを待ってた!80’sのメガヒッツにのせて展開されるストーリーが最高にラブリー&ハッピー!この夏...もう恋愛がとまらない!マイケル富岡さん【タレント】 物語はとてもシンプルで音も手作り感満載。でもね...それがイイ!とても近くに感じ、洋画ヒット曲の数々に元気いっぱいもらいました!この夏一番のビタミン映画だ!LiLiCoさん【映画コメンテーター】 誰もが知っている名曲がストーリーにとてもマッチした選曲とタイミングが心地よい。HIT曲の世界が独自のリアリティーを伴って胸に迫る。未唯mieさん【アーティスト】 冒頭からバカンスに行きたくなる、恋をしたくなる、みんなが歌える80's音楽も映像も夏にぴったり。最高にハッピーな映画。千秋さん【タレント・デザイナー】 心が躍る!身体が踊る!気持ちがトキめく!身も心も「元気と笑顔」になれるHAPPY MOVIE!オープニングからエンディングまで、ノンストップ感覚で、日頃のストレスが、あっという間に解消されました!シンプル・イズ・ベストな、80年代の香り漂うラブ・ストーリー。全編に広がるご機嫌な80sポップスの力強さ。最高に爽快なミュージカル・エンターテインメントです!DJ OSSHYさん【DJ】私のプレイリストがそのまま映画になってしまったようで、口ずさまずにはいられない。いや、映画館で大合唱もいいんじゃない!? みんしるさん(MC/ラジオDJ) WOW!なんて楽しい ”ラブ&ラブ”ワールド!ハマればイッキ。ノレれば一緒に、大盛り上がり。どこをとっても”ときめき”の80年代大ヒットPOPSがギュー詰め!にしても、よくぞストーリーに合わせて14曲も選んだもんです。そのセンス、最高!次は90年代のヒットチューンで、もう一本・・・かな。 襟川クロさん(映画パーソナリティー) これでもかってくらい、楽しさが止まらない!ゴキゲンな80年代ポップスと切なくもイカレポンチな恋物語。この素晴らしすぎる相性が、笑った口を閉じさせてくれません♪若林ゆりさん(映画ジャーナリスト)バカンス気分を大いに盛り上げる、「ザ・夏の映画」。個人的にはなぜかワム!率の高い80年代音楽の選曲にウキウキ(笑)。高山亜紀さん(映画ライター) バカンス気分を大いに盛り上げる、「ザ・夏の映画」。個人的にはなぜかワム!率の高い80年代音楽の選曲にウキウキ(笑)。高山亜紀さん(映画ライター)/ノリノリの80年代ポップスが、素敵なアレンジでミュージカルになるなんて!日本版も絶対やってほしい!もちろん、リル役は、渡辺直美さんで!佐々木透子さん(タワーレコードintoxicate編集長) 歌も踊りもサイコー、最強! 80年代メガヒット曲の数々、オリジナルとは違う軽いテイストがまた魅力。カラオケに行きたくなりました。編集SKさん/80'sの洋楽ファンなら思わず体が動き出す、ポップ・チューンが彩る甘酸っぱいラブストーリー。キャストによる有名な音楽PVのコスプレをチェックするのも楽しい。ライターR.I.さん 懐かしい音楽、鮮やかな風景、そして物語の展開は予想できるので(笑)、安心して見られるラブストーリーで、心を空っぽにして、リラックスしながら楽しめました。なにより、疲れないのがいい!!編集Kさん/アラフォー男子もアガった!こんなミュージカル・エンタテイメントを待ってました!!
女子に負けるな、男子達。浦岡憲二さん(coco 代表) 音楽はその曲を一番よく聴いていた頃に一気に戻してくれますね。
それぞれの曲がストーリーにぴったり。私にとっては80年代のポップスはまさにテイラーの頃だったので懐かしい気持ちになれる作品でした。堀木三紀さん(映画ライター)/今やこの明るさ、能天気は貴重!全編に散りばめられた80'sの曲が胸を熱くさせ、キュンとさせる。こんなミュージカルが見たかった!吉田大紀さん(おけぴネット・スタッフ)/キラキラの80'sポップスと、イケメンすぎるイタリア人男に女性ホルモンが踊り出す!ヒロインの恋心にシンクロしたトキメキがとまらない!!編集Kさん

ページのTOPへ