キャスト

ハンナ・アータートン(テイラー役)
1989年生まれ、イギリス出身の女優で歌手。名門校王立演劇学校(RADA)在学中よりイギリスで最も期待される若手女優として注目される。主に舞台やテレビ作品に出演しており、その多才ぶりが高く評価されている。BBCの人気テレビシリーズ『Atlantis 』(2013~)に出演。主な映画出演作は、短編映画『At First Sight』(2013)、『Hide and Seek』(2014)などがある。主な舞台出演は、『My City』、『夏の夜の夢』、『The Rivals』、『The Revenger’s Tragedy』、『ヘンリー四世 第1部』、『ヘンリー四世 第2部』、『Oh What a Lovely War』、『A Waste of Time』、『尺には尺を』などがある。
アナベル・スコーリー(マディ役)
1984年生まれ、イギリス出身の女優。人気テレビシリーズ『名探偵エルキュール・ポアロ』(1989~)でキャリアをスタートさせる。主なテレビドラマ出演は、『ジェーン・エア』を脚色したBBC1放送版、BAFTA賞候補となった BBC『ビーイング・ヒューマン』(2009) 、BBC3の『PAs ~秘書たちのゴシップライフ』(2009)、『Family Tree』などがある。主に舞台で活躍しており、『トロイラスとクレシダ』、『桜の園』、『House of Special Purpose』、『夏の夜の夢』、『The Rivals』、『リチャード三世』、『アンティゴネ』、『Passion Play』などがある。
ジュリオ・ベルーチ(ラフ役)
1984年生まれ、イタリア出身の俳優・プロデューサー。 “Bon appétit”(2010)、“Monte Carlo”(2011)などでイタリアを中心に映画やテレビドラマで活躍している。最新作は、”Maid for You“(2015)
グレッグ・ワイズ(ダグ役)
1966年生まれ、イギリス出身。主な映画出演作は、『いつか晴れた日に』(1995年)、『ユアン少年と小さな英雄』(2007年)など。エマ・トンプソンは妻。
ケイティ・ブランド (リル役)
1979年生まれ、イギリス出身の作家・コメディエンヌ・女優・ジャーナリスト。2008年、ブリティッシュ・コメディ・アウォードの最優秀新人賞を受賞して以来、数多くの映画『ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ』(2010) 、『Svengali』(2013)、『Good Arrows』(2009) 、テレビドラマやショー『Peep Show』(2007-)、『Have I Got News For You』(2008)、『Never Mind the Buzzcocks』(2007-)、『QI』(2012)、『Psychobitches』(2012-)、『Strictly Come Dancing』(2012)に出演している。
【特別出演】レオナ・ルイス(エレーナ役)
1985年生まれ、イギリス出身のシンガーソングライター。2008年にデビューアルバム『スピリット』で世界に旋風を巻き起こし、シングルカットされた『ブリーディング・ラヴ』はナンバーワンに輝き、グラミー賞3部門にノミネートされた。世界中でアルバムとシングルを合わせて、2000万枚以上売っている。オーディション番組『X-Factor UK』での優勝を受け一躍世界的人気歌手となる。2014年、Syco/RCAレコーズから初のクリスマス・アルバム『Christmas, With Love』を発表した。『Walking on Sunshine』は映画デビュー作品である。
ページのTOPへ